3日連続開催が終了。この3日間も無観客競馬で行われました。
この3日間は頭数の揃わないレースが多く、
さらには前日の段階でも穴候補レースが少ない状態が続きました。
数少ない候補レースを当日の9時半のオッズから検証し、
なんとか穴馬らしい穴馬を浮上させたのですが、
全体的なバランスが悪く、結果的には3日連続して、
完全にクリアした穴候補レースはありませんでした。
このようなマイナス背景の3日間、
最後まで検討したレースを中心に3日間を振り返ってみます。

まずは20日(金)です。
この日は、阪神9レースを検証し、
穴馬候補は5番と14番を浮上させました。
このレースは10時半のオッズで
馬連ランクが安定せず、それが理由完全な穴候補レースとして
GOできない理由のひとつとなったため、
馬連ランクの軸馬として12番と13番の
2通りをレポートでは紹介しました。
ルールからは13番です。

<13番からの馬連ランク>
13・12■3・7・1・4・8・15・16・「5・14」・2・11・10・9
※「 」は穴馬候補

レース結果は、10番人気の穴馬候補の1頭である5番が
最後は先頭を行く1番に迫る感じで2着でゴール。
しっかりと馬券に絡みました。


3連単 ①→⑤→⑫ 4万6130円
※このフォーメーションの組み合わせは著書でも紹介しました
<1着>ランク5・6位→<2着>穴馬→<3着>ランク2・3位
を購入したものです。

21日(土)は中山11レースを検証し、
穴馬候補は5番と7番が浮上。しかし、「オッズの壁」や
「突入&移動馬」がなく、全体的に判定が弱いことから最終的には
完全なGOレースとしてはないものの
5番と7番に少々注目のレースとレポートしました。

10時半の馬連ランクは、
4・12・8・3・16・14・6・9・「7」・「5」・2・10・13・15 ・11・1
※「 」は穴馬候補

上位ランクである穴馬の相手である馬連ランクは、
馬連ランク2、3位の12番、8番、馬連ランク5、6位の16、14番に
特に注目しました。
レース結果は穴馬候補の10番人気の7番が先行し、
そのまま2着に入り、20日に続いて馬券に絡みました。


3連複 ⑦-⑧-⑫ 1万8310円
※外れましたが、前日同様に
<1着>16・14→<2着>5・7→<3着>12・8は購入。

22日(日)は、阪神12レースを検証したのもの、
今度は穴馬が複数浮上。判定はこの日も軽く注目程度のレース。
しかし3日連続的中とはなりませんでした。

この日は馬連&3連複1頭流しは、2番人気の3番を推奨。
上位人気であった点と、もともとこのレースは
前日の判定は穴候補レースだったので、下位人気に流したところ、
9番人気の6番が1着。3番は見事な追い込みを決め2着に入りました。


馬連 ③-⑥ 7290円

来週は中山、阪神、中京の3開催です。そして中京競馬では
GIレースの高松宮記念が行われます。GIレースの反対競馬場の
最終レースは波乱になる可能性が高いものです。
GIレースはもちろんですが、
しっかりとした判定から浮上した穴馬候補から
高配当馬券を狙い撃ちしましょう。

※来週の厳選穴レポートからはA表の配信がありません。
試験的に来週の源泉穴レポートは、D表と該当レースのマトリックス表を
レポートします。