今週も競馬は無観客レースとして行われました。
オッズの傾向ですが、検討した穴候補レースからルールにより
穴馬候補は浮上してくるのですが、他の判定があまりよくなく、
結果的には両日ともに、推奨穴馬としではなく、
注目程度の穴馬という結果でレポートしました。

14日(土)の競馬ですが、
阪神12レースを最後まで検討してみました。
浮上した穴馬候補は2番と3番の2頭。
特に2番はなんと、馬連ランク11位に対し3位と
大きく上昇しておいました。
レース結果もその人気薄、11番人気の2番は先行し、
そのまま1着でゴールイン。
しかし3着には12番人気の9番が入ってしまい、
3連複は24万円馬券、3連単馬券は175万円という
大きな配当となりました。


ワイド ②-⑨ 2万4300円

以前もレポートしましたが、ワイド馬券では下位人気に数点流しても
それほど多くな投資にはなりません。これからもワイドや馬連馬券では
手広く下位人気にも意識する必要がありそうです。

この日は馬連&3連複1頭流しでは
中山12レースの4番人気の2番に注目。
最後の直線で見事差し切りを決め、1着となりました。


3連複 ②-③-⑯ 1万1400円

15日(日)の競馬は、中山10レースを最後まで検討したのですが、
レポートでも書きましたとおり、10時半のオッズで、
コンピ指数、馬連、単勝、複勝の上位ランク5頭がほぼ揃ってしまい、
1、2着は2、4人気といった結果です。

まだ無観客レースが続きそうです。しかし、オッズ馬券では
少々上位ランクに人気が集まる傾向がありますが、
14日(土)の2番のように、目立った穴馬も浮上してきます。
来週は金曜日から、中京開催は一休みで、
中山&阪神の3日連続開催です。
しっかりとした判定から浮上した穴馬を狙い撃ちしたいところです。