夏競馬がスタートしました。
しかし、判定は期待したいたほどではなく、厳しい2日間となりました。

夏競馬初日の29日(土)は、福島12レースがかろうじて
穴レースとしては検証に値するレース。この日はこのレースだけを
穴候補レースに絞り込み検討しました。
しかし穴馬を7番と11番と浮上させたものの、馬連1番人気の2頭と
単勝1、2番人気の2頭が完全に異なるという異常なレース。
「断層」や「突入&移動馬」などのルールを完全にクリアした
穴馬候補であれば、推奨穴馬として浮上させたいところですが、
ここは慎重になってしまい、3着入線までが精一杯と判断し、
ワイド馬券流し程度の穴馬とレポートしました。
結果は7番が最後の直線で追い込み、3着どころか
2着まであがりゴール板を駆け抜け馬券に絡みました。

ワイド馬券の払い戻し合計は6710円、馬連は7340円ですから、
7番から馬連を流してたケースの配当との差はあまりありません。
しかし、今回は2着でしたが3着でしたら馬連はハズレです。
穴馬の弱いケースは馬連ではなく、ワイドで攻めるほうが賢明です。

7番の馬連オッズは63倍と80倍台以下のため、ルールでは馬連流しですが、
今回はワイドでレポートしたのは、そのような理由もあったからです。

ワイド ⑦-⑬ 2390円 ⑦-⑧ 4320円

3連複 ⑦-⑧-⑬ 2万3560円

30日(日)の競馬は29日(土)と同様に似たような判定のレースの連続。
推奨&参考穴馬は浮上せず、気になった点のみのレポートも
こちらは残念ながら馬券には絡みませんでした。

まだまだ夏競馬は始まったばかりです。
来週からの競馬に期待しましょう。