ヴィクトリアマイルが終わりました。
9時半のオッズで単勝30倍以内の馬が12頭、そして
馬連1番人気のオッズが15・5倍と穴レースの条件をクリアしたものの、
肝心の穴馬が特定できないオッズの形になってしまいました。
その中で軸馬群では、9番と15番を推奨。
レース結果は、その9番が2着になるも、1着になったのは
4番でした。15番は「複勝6倍の壁」と馬連7位の「オッズの壁」から
浮上させたのですが、その「断層」のもう1頭が4番だったのです。

ゴールデンウイークからのGIレース、上位軸馬の推奨馬とその結果は
・天皇賞・春  =7・9番  7番=2着
・NHKマイルC=6・17番 17番=1着
・ヴィクトリアM=9・15番 9番=2着

上位の馬のオッズによる選定方法がまもなくルール化できそうです。
オークスでもしっかりとレポートしていきたいと思います。

ヴィクトリアマイル、的中された方からメールいただきました。
おめでとうございます。

さて、他の穴候補レースはどうだったでしょうか。
久しぶりに12日(日)は京都最終レースを、
穴馬レースとしてレポートしました。
京都最終レースということで期待したのですが、
狙った穴馬は残念な結果となってしまいました。

本日は面白いレースがありましたので紹介します。
京都11レースです。このレースの5番はコンピ指数では
90Pの満点です。9時半のオッズでは、単勝1・8倍、複勝1・3倍と
まずまずのオッズだったのですが、時間が経過するにつれ、
単勝&複勝が売れなくなっていました。
すなわち、超1番人気に赤信号が灯っていたことになります。
このようなケースでは、2、3番人気、
特に2番人気が活躍する傾向にあります。
レース結果は、2番人気の1番が1着、
2着は馬連の「断層」の前の1頭である13番、
3着は馬連ランク3位の10番が入り、3連複は2万5540円、
3連単は15番7660円となりました。
最近は頭数の揃わないレースが多くなっています。また穴候補レースが
まったくない日もあります。
今後はこのようなレースについても事前にレポートしていきたいと
思っております。

来週はオークス、そしてダービー、安田記念と続きます。
しっかりとデータを精査して穴馬を見つけ出していきたいと思います。