今日はなんとも判定が微妙でチグハグは一日。しかし、京都12レースをじっくり見返してみますと、GETできない馬券ではありませんでした。マトリックス表で3-7の79倍の箇所に印をつけて配信しましたが、よく見ると、馬連4-15と12-15の箇所は113倍と177倍と周りから比べると異常に売れていることがわかります。つまりこのレースの犯人は7番もさることながら、もう一頭15番だったのです。
 それから相手馬ですが、さすがにこのレースの馬連1番人気の組み合わせの2頭、9番、16番は4倍前後と、2頭揃って3着をはずす感じでもありません。となればもう一頭見つければ3連複&3連単馬券GTEに近づけたのです(15-16の馬連8790円でもいい配当ですが…)。
 そこでD表を眺めてみますと、軸馬群のほうへ、A表の11位から突入している馬がいたのです。実は4着も5番でこれまた突入していることがわかりますね。
  A表、マトリックス、D表を上手に活用できればGETできた馬券であったと、皆様にレポートできなかったことを猛省し、今後の課題にしたいと思います。

下の「京都12R」をクリックすれば本日配信しましたD表とマトリックス表が見られます

京都12R