今週は前日からの穴候補レースはソコソコあったのですが、
肝心の当日のレース判定がしっかりとせず、結果的には
推奨&参考穴馬がひとつも浮上しないことになってしまいました。

その中で、9日(土)は、中山9レースの13番が
ハッキリとした穴馬ではないものの、
時系列で単勝&複勝が売れ、さらに「マトリックス表」から
オッズ・アイが5箇所出現し、13番は少々注目とレポート。
その13番が8番人気にながら2着に入り、
4番人気との組み合わせ馬連は9170円とまずまずの配当。
しかし3着には1番人気が来てしまい、
3連複は1万5729円と低配当になってしまいました。

同じく9日(土)は馬連&3連複1頭流しで、
中山10レースの9番を推奨。
9番は1着したものの、2、3着に人気馬が絡んでしまい、
3連複は5550円とこちらも低配当でした。

10日(日)は土曜日同様に、穴レースとしては判定的に
ハッキリしたレースがなく、最終的に中京12レースを最後まで検討も、
レポートで書いた通り、軸馬群(1~4人気)が時系列でコロコロ変わり、
穴馬の選定が難しく、結果的に穴馬は走りませんでした。

穴馬が馬券に絡むも相手が上位人気馬という結果が、
ここ2週間続いています。
そろそろ1~4→5~8→穴馬という
定番のフォーメーションで決まるレースがくることを
期待したいところです。