開催が変わりまして、中山&阪神競馬がスタートしました。
参考&推奨穴馬が浮上したものの、
結果、浮上した穴馬が馬券に絡みませんでした。

今週は、調教師の引退&勇退の週にあたり、
その調教師の馬に対してのいわゆる「ご苦労さん」的な馬券が
入ってしまい、全体的なオッズが乱れてしまったのが、
穴候補レースの判定や穴馬選定で
いい成績が残せなかった要因のひとつかと考えています。

たとえば24日(日)の小倉12レースです。
レポートではこのレースのことはまったくふれませんでした。
このレースの4番はコンピ指数最低ランクながら
単勝&複勝が売れ、時系列でも売れていました。
本来でしたら穴馬としたいところでしたが、
この馬はこのレースで勇退する調教師の管理馬だったのです。
結果はやはり「ご苦労さん馬券」の人気でしょうか、
7着と馬券にな絡みませんでした。
他にも似たようなケースは多々みられました。

来週からは3月競馬となります。
しっかりとした判定を下し、ハッキリとした穴馬から
高配当馬券をGETしていきたいと思います。