3日間競馬が終わりました。
穴党にとっては寂しい結果となってしまいました。
なんと、3日連続でオッズ・オン馬券のルールをクリアした
穴馬が浮上しなかったのです。
特に14日(月)の京都競馬の後半の4レースは
すべて少頭数では最初から穴レースから除外です。

年間でこのような現象は数回起きます。しかし
その後には反対に穴馬が次々と浮上し、そして
高配当馬券を作ってくれる傾向があります。

競馬に対する姿勢は崩すと、必ずマイナスの方向へ
向いてしまいます。
来週からは中京競馬も始まります。
500万円下の条件戦のレースも増えます。
来週は、判定クリアしハッキリとした穴馬が浮上することを
期待したいところです。
3日間連続開催の競馬、お疲れ様でした。