9月15日(土)~17日(月)の回顧

3日間競馬が終わりました。
3日間はハッキリとした判定がなく、結局、推奨&参考穴馬として
ルールをクリアして浮上してきた馬がなく、注意点だけのレポートとなりました。

17日(月)は中山12レースと最後まで検証。
穴馬候補として6番と8番が浮上してきたのですが、
レポートでも書いた通り、馬連の軸馬が3番なのか、4番なのか
不安定になってしまい、結局「参考程度の穴馬」としました。
その6番がなんとか3着に粘り込み、3連複7万円馬券のGETです。

3連複 ⑤-⑥-⑬ 7万4170円

土日の競馬はどうだったでしょうか。
15日(土)は7レース以降のレースを中心に9時半のオッズを検討するも、
中山7R、中山8Rだけで、後半のレースは全滅状態。
しかしこの2頭からもハッキリとした穴馬が浮上せす、
推奨穴馬をレポートすることができませんでした。

続く16日(日)も阪神12Rだけで、この日も全滅状態の判定です。
この阪神12Rの判定も甘く、他のレースも検証。

そこで、馬連1番人気は9倍には届きませんでしたが、
最終レース限定の判定で浮上した中山12レースも合わせて検討しました。
しかしオッズ判定は藤田菜七子騎手への応援馬券などで、
オッズは乱れてしまって残念な結果。
1番と3番の馬に注目とレポートするのが精一杯です。
しかしその1番が3着に最後に飛び込み馬券になったのはラッキーです。
この1番をレポートした理由は、
9時半のオッズで1番は馬連ランク9位にランクに位置し、
複勝が2位で2・8倍と上昇大きく上昇していたからです。
この1番ですが、9時半のオッズでは、280円(上限)ながら、
複勝は690円(上限は890円)でした。

3日間競馬はオッズ・オン方式ではデータ的に
どうもオッズが安定しない傾向があるように感じます。
過去のデータを振り返ってみても同じような結果でした。
来週はしっかりとしたデータからハッキリとした穴馬が浮上することを
期待したいところです。