中山&阪神競馬の開幕週の競馬が終わりました。

土曜日はまったくルール通りに該当するレースもなく
その中でも一番まともな小倉10レースを検討し、
最後までオッズを追いかけ穴馬を浮上させてはみたのですが、
レースは残念な結果で終了です。

日曜日の競馬もハッキリとした判定が出ません。
前日の穴候補レースがすべて失格気味という残念な結果。
なかでも一番まともと考えた小倉12レースを中心に検討しました。
しかし結果は浮上させた穴馬が馬券にならず残念。
3着に馬券となった18番ですが、実はこの馬も検討はしました。
しかし、この馬は単勝のみの上昇です。すでにオッズ・オン本の既刊で紹介した通り
他に浮上馬がいたケースではその馬を優先的に浮上させることはできません。

馬連&3連複1頭流し馬としては、
阪神10レースの7番人気の12番を推奨し3着と馬券になり
3連複は1番人気が絡んで7070円は悪くない配当でしょう
(12番の複勝は420円)。

24~25日は調教師の引退&勇退の週でもあり、
ところどころ応援馬券的に馬券が売れていました。
参考穴馬として浮上させた小倉12Rの12番はレポートで書いた通り、
引退調教師の管理馬でした。
事実馬券には絡みませんでしたが危険な穴馬だったのです。

最近のオッズは競馬のしくみもしっかと理解しませんと
騙さる傾向にあるように感じます。