有馬記念が終了しました。
キタサンブランクが引退レースを飾り、
多くの競馬ファンが喜んだかと思います。
(オッズ馬券的では残念な結果ですが…)

以前もコメントしましたが、
ダービーや有馬記念など大きなGIレースの日は、
オッズ・オンのルールにマッチした判定が出ない傾向にあります。
その証拠に完全に判定をクリアしたレースが
今週は現れませんでした。

なんとかコメントで推奨した阪神12レースの馬連が的中しました。

馬連 ⑦-⑭ 1万320円

3連複馬券をGETし年間の回収率をプラスを目指すのが
最大の目標ですが、判定が出ない日が続き、
また出たレースも馬券が外れると
消極的になってしまうのは仕方のないことです。

さて、毎年の傾向ですが、年頭から特に2月の小倉開催などは
オッズの安定期に入ります。
今年も前年のオッズの不調から年明け早々の1月7日には
17万円馬券GETしました。
翌日8日には3万円馬券、さらには翌週の
14日、15日も万馬券をGETしております。
(過去のブログを参照)

長年この方式で回収率をキープしていますので、
従来の方法は当然変更するつもりはありませんが、
低予算(1レース1000円程度)で万馬券をGETする情報を
会員の皆さまに来年は提供していきたいと思います。

実験的に購入したフォーメーションが上記の阪神12レースの馬連です。
このレースは穴馬が3頭になっていますが、
2頭でしたら800円の投資で万馬券です。

1勝9敗でも、回収率が100%になるように設定してあります。
つまり10レースに1レース的中させれば馬券で負けない計算です。
1勝4敗でしたら回収率は200%となるわけです。

この方法は平成10年にオッズ・オン方式のルールの基礎が確立し、
まだ3連系の馬券が登場してない時に
主流となった方法です。
今思えばカラクリは簡単です。
3連系の穴馬と馬連系の穴馬は違うということです。

※「厳選穴馬レポート」を読んでみたが、対応のクレジットカードをお持ちでない方は、特設サイトで対応しております。
「1月案内希望」をいうタイトルで下記までメールをいただければ、折り返し案内のメールをお送りします。

humi@rj8.so-net.ne.jp

※携帯からのメールは、下記のアドレスが受信できるよう設定お願いします。
受信設定をされておりませんと、こちらからは送信済みになっていても
メールが届きません。