エリザベス女王杯が終わりました。
このレースは穴馬として、
会員のブログでは4番と13番を推奨しました。
どうしてこの2頭を推奨することが出来たのでしょうか。
それは「囲み穴」であったからです。
「断層」を巧みに活用した方法です。

D表をみればわかる通しり、
4番と13番は断層で囲まれていることがわかります。

このような現象が起きると、馬券になる
可能性が高いものです。

日曜日の東京11Rは穴レースの条件をクリアしたにも関わらず、
穴馬が浮上しなかったため、複勝6倍をひとつの断層をして考え、
その前の2頭を推奨しました。
しかしその穴馬は3着とは皮肉な結果です。

まだまだGIレースは続きます。
しっかりとオッズを検証して、
超大穴を見つけ出していきたいと思います。