秋のGIレース第一弾のスプリンターズステークスが行われました。
このレースは9時半のオッズで穴レースの条件はクリアしたものの、
馬連9位に大きな断層が出現。厳選穴レポートでも書きましたが、
オッズの形が皐月賞と似ているとレポートしました。
となれば、その断層前の9頭に注目しなければなりません。
その中から5番人気の2番を推奨。
ゴール板直で2番はクビ差さされて2着という結果でした。
(皐月賞と同様に大穴馬も少々狙うも、こちらは残念ながら不発)

最終日もGIレースのように、穴候補レースにはなっているのですが、
実際にルールに基づいて解いてみますと、なかなか穴馬が浮上しません。
ハッキリとした穴馬が浮上しないときには
無理にレースに参加するとかえって資金を減らすことに
なってしまいます。

さて7日(土)からは舞台が替わり、東京競馬と京都競馬です。
最初の週は3日間開催で、引き続き厳しい判定が出ることが予想されるものの、
京都最終レースで頭数さえ揃ってもらえれば、過去のデータから
少々判定が悪くでも、穴馬が台頭する傾向にあります。

厳選穴レポートを読んで見たいが、対応のクレジットカードをお持ちの方は、
下記まで「10月案内希望」というタイトルで
空メールを送ってもらえれば、折り返し案内を送信します。
会費は開催1日あたり競馬専門紙程度に設定しております。

※携帯からのメールは、下記のアドレスが受信できるよう設定お願いします。
受信設定をされておりませんと、こちらからは送信済みになっていても
メールが届きません。

humi@rj8.so-net.ne.jp