★怪しいオッズの動きをキャッチして関屋記念的中★

13日(日)は関屋記念を参考レース(参考穴馬)として
レポートしました。「オッズの壁」から16番と9番の2頭が浮上しているのですが、
馬連のオッズと比較し、複勝が売れていませんでした。
16番は6・9倍、9番は9・5倍です。
確かに9番は時系列オッズでは単勝34倍から31倍、
複勝9・5倍から9・2倍と売れており、ルールをクリアしていますが、
複勝9倍というのは信用しづらい数値です。
もう1頭の穴馬候補の16番も、単勝が23・1倍から23・4倍、
複勝が6・9倍から7・3倍と悪化する始末です。
そこで他の馬のオッズの動きをチェックしたところ、
3番の単勝が11・6倍から10・0倍、複勝も5・1倍から4・5倍と
理想的は動きをしていたのです。
「オッズ的には気を付けなければならない動きです」と
3番に注目とレポートしました。

レースはその3番が見事逃げ切り1着でゴール!
馬連・7180円、3連複・2万2140円を
難なくGETすることに成功しました。
馬の性格(逃げ馬)からか、馬単馬券、中には3連単馬券を的中させたという
報告も受けました。的中おめでとうごさいます。

馬連 ③-⑮ 7180円  

3連複 ③-⑩-⑮ 2万2140円

 

13日は、札幌のメインレースの4番のオッズが危険な1番人気である旨をレポートしました。
やはり、不安定なオッズを示す超1番人気は消えるものです。
3連単馬券を狙うのは少々難しいという方も、4番の2着付けなら簡単でしょう。
4番人気→1番人気で馬単2900円という配当は悪くないと思います。

それから新潟12レースの3番への複勝が、ネットより前日の21時40分頃に
100万円の投票があったことも書きましたが、
これはいったい何だったのでしょう。
これにより複勝オッズはおかしくなり、9時半のオッズでは、
単勝2・1倍、複勝1・1倍といった、
これまた危ない1番人気の顔をしていました。
3人気→4人気→2人気で3連単6万4850円とはビックリです。

夏競馬は、関屋記念のような正しいオッズ、反対にエルムSや新潟12Rのような
おかしなオッズは現れる可能性があります。
しっかりとキャッチし、厳選穴レポートで発表していきたいと思います。