今週はオッズ・オン方式のルールにはまるレースがなく、
苦しい週となってしまいました。

その中で、参考レースとまでは推奨できませんでしたが、
1レースだけ、小倉11レースの1番と4番に注目とレポートしました。
この1番は馬連11位の大きな断層直後の馬であり、時系列でのオッズチェックも
単勝&複勝ともに上昇していました。
しかし、参考レースとしなかった最大の理由は、馬連の1番人気のオッズが
時系列で売れてしまったからです。
そのため少々GO程度というレポートになってしまいました。

その1番が3着に粘り、3連複1-2-10は
3万8710円とまずまずの配当でした。

3連複 ①-②-⑩ 3万8710円

もし1番が2着に粘ったケースの馬連1-2のオッズが
9時半の段階では119倍だったものが、最終的には87倍とは、
密かに馬連でもこの1番から売れてことがわかります。
(1-5だと120倍が75倍です)