阪神12レースは、D表だけをチェックしますと、まるで穴候補レースのように見えましたが、穴馬チェックや時系列チェックではどうもしっくりきませんでした。
穴馬レポートでもコメント参照という結果で、マトリックス表からの見解などを書きました。阪神12レースはA表判定では(○)×レースだったからです。
確かに、人気ランクの1位には不安定材料がありましたが、穴馬が中途半端な判定ではGOレースにはなりません。

そのような中、穴候補レースで紹介しましたのは、A表×レースの中山10レースでした。下記が実際にレポートした内容です。

・中山10レース
 穴馬候補=4、14、10番
 オッズ・アイ馬=10番
※A表ランク外から突入しています4、14番に注目。他では9時半と10時半の時系列チェックで単勝&複勝が上昇した10番(単勝25倍→16倍。複勝7・9倍→6・0倍)。
マトリックス表からは、10番に3箇所のオッズ・アイが出現しています。

レース結果はそのオッズ・アイ馬の10番が3着に入り、3連複、6→5→10は1万7420円の配当でした。

 

DSC_1813

⑤-⑥-⑩ 1万7420円

 

しかしこのレース、12時のオッズで、いきなり複勝9倍から2・3倍まで急上昇した12番には驚かされました。単勝オッズの上昇を伴わない、急激な上昇には騙されないように…という教訓をもらったレースでもありました。

A表の大切さを改めて実感したレースです。

さて、下記に明日の東西のメインの、前日のオッズで作成したマトリックス表をアップしておきました。参考までにご覧下さい。A表判定は、オールカマーが○×判定、神戸新聞杯が△注判定となっています。明日は7レース以降、5レースもA判定で穴候補レースがあり期待していますが、果たして…。
※下の「東西メイン・マトリックス表」をクリックすれば見られます。

 

東西メイン・マトリックス表