土曜日にターゲットレースのひとつとして、前日のオッズを使用して作成した、中京記念のマトリックス表アップしました。
そして当日の9時半のマトリックス表と比較し、ハンデ戦でもあり、毎年波乱続きのレースでもあり、下記の通りに1、8、9番を中心とした要点のみのコメントを「厳選穴レポート」で報告しました。

<実際に配信したコメント>
 ・中京11レース
 穴馬候補=1、8番
 オッズ・アイ馬=8、9番
※時系列チェックで、単勝&複勝が上昇、及び馬連が、昨日のオッズと比較して売れている1、8番に注目。マトリックス表からは、8、9番にそれぞれ2箇所のオッズ・アイが出現しています。

下の「中京記念のマトリックス表比較」をクリックすれば、前日オッズで作成したマトリックス表と当日の9時半のオッズで作成したマトリックス表が見られます。前日では馬連12位だった1番が当日は11位に上昇していることがわかります。
それぞれの馬連オッズを精査してみますと、ほとんどの組み合わせで、馬連が売れていることがわかります。

 

中京記念のマトリックス表比較

 

7月5日のレースでも同様なことがあり、前日のオッズ・アイが消えていたため、穴馬レポートで推奨できなかった旨を報告しました(7月5日の報告参照)。同じ過ちはするまいと、しっかりとその1番の存在を見抜き伝達でき、多くの読者から的中報告をうけ、うれしく思います。

レース結果はその穴馬1番が2着に追い込み、3連複1-6-10は3万8850円、3連単6→1→10は25万6590円の配当となりました。

DSC_1692

DSC_1695

①-⑥-⑩ 3万8850円

 

DSC_1694

⑥→①→⑩ 25万6590円