本日は、穴候補レースが出現するも、穴馬を特定するのに手間がかかり、穴馬レポートでも4頭も候補レースを出したレースもありました。
皆さんにレポート後、時系列チェックからもどれも決めてのない穴馬。ならば、この中で一番配当がつきそうなものから狙ってやれ、という気持ちで中京12レースに挑戦。
このレースはレポートでも書きましたが、なぜか馬連で14番に集中して票が集まっていました。馬連の断層前の12、9番に注目も、馬連が30倍、34倍では穴馬の資格としてはどうでしょうか? と書きました。
D表をよく見ますと、その12番。9番よりも7番の複勝は売れていることに気づき、この7番から買うと配当的に面白いとレポート。
その7番が3着に飛び込み、3連複①-⑥-⑦は7万5970円の好配当。馬連でかぶっていた偽1番人気の14番が消えたおかげの配当でしょう。
穴馬で迷ったら,配当の期待できる馬から狙う! これは馬券で勝つための鉄則でしょう。単勝1・8倍とかいう馬券に数十万円をつぎ込む姿をみますが、1回でも馬券を外したら、回復するのには、相当な痛手です。しかし、高配当馬券は、元々の資金は少額です。外れても次があり、ダメージも少ないのです。
※下の「中京12レースのD表」をクリックしますとD表が見られます。

 

中京12レースのD表

 

 

DSC_1669

3連複①-⑥-⑦ 7万5970円